余ったコーヒーのペーパーフィルターの利用法

コーヒーフィルター もったいないから再利用

わが家で断捨離中に出てきたコーヒーのペーパーフィルター。捨てるにはもったいない大量のフィルターを再利用する方法を見つけました。

 

100枚まるっと使っていないコーヒーのペーパーフィルターが出てきました。
しかももう3年くらい経っているかもしれません。

なぜコーヒーのペーパーフィルターを使わなくなったか?

それは、個別包装のドリップパックコーヒーを買うようになったからなんです。

ひとつは味の問題。

以前は、コーヒー豆を挽いてもらっていたのですが、
最後のほうは、酸化して酸味が強くなっていました。
個別包装のコーヒーの方が、酸化しにくいので今は気に入っています。

 

作るのも片付けるのも手軽
個別包装のコーヒーの方が、マグにポンっとのせて、お湯を注ぐだけなので、作るのも簡単。
その後の片付けも楽。

ということで、コーヒーフィルターが大量に余るという結果に。

 

コーヒーのペーパーフィルターの再利用法

まだ使えるのにもったいない!

ということで再利用をしています。

まずは、ドリンクのコースターとして。
コーヒーフィルター

水を吸い取ってくれてなかなかよいですよ。

 

熱々の肉まんを挟んで食べる。

手も汚れず、熱々の肉まんでも手で持ってふーふーしながら食べられます。

ハンバーガーを挟むのにもちょうどよいサイズです。

 

その他、油濾しとかにも代用できます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました